なべラボ

デジカメ アーカイブ 

はてブ はてなブックマークに登録

日高真弓

日高真弓フレッシュハーツ
プログラムモード、ホワイトバランス:オート、1280x960、ISOオート

Panasonic「LUMIX DMC-FZ10」は、手ブレ補正機能を搭載した光学12倍ズーム装備の400万画素のデジタルカメラだ。

仕事でネットシネマに関わるようになって出演者を撮影する機会が増え、それまで使っていたデジタルカメラでは不都合を感じた。手ブレが非常に多いことと、フラッシュ撮影の赤目が気になったり、間接フラッシュ撮影をしたくなったのだ。外付けのフラッシュを使うにはデジタル一眼レフカメラということになる。店頭でCanonのEOS Kiss Digitalを見たときには思わず衝動買いしそうになった(苦笑) しかし12万以上もするカメラを素人が使っちゃいけないとかろうじて思いとどまった。そこで目がいったのがデジタル一眼ではないが、半分の価格で手ブレ補正機能があり、外部フラッシュを使えるDMC-FZ10だったのだ。

DMC-FZ10.gif実際見たときの印象はとにかくデカいレンズに圧倒させられる。見た目はデジタル一眼に見えてしまうがレンズは取り外しはできない。そのレンズはLEICAの3枚3面及びEDレンズ1枚を含む8群13枚で構成された非球面レンズという凄いレンズで、35mmフィルム換算の焦点距離で35~420mm相当、それで開放F値は全域F2.8というから、昔「ニッパチ」レンズが買いたくても変えなかった小生としては、レンズだけでもヨダレものだ。

日高真弓

プログラムモード、ホワイトバランス:オート、1280x960、ISOオート

左の写真は室内で窓から入ってくる自然光とレフ版を使って撮影した。 ポートレートはレフ版とそれを使う勇気さえあれば、確実に写真のデキが違うので絶対使いたい。今回、ネットシネマの撮影で見かけた折り畳み式の丸いレフ版を用いた。クルリとひねって畳むことでとてもコンパクトになり持ち運びしやすくなる。ヨドバシカメラのカメラ用品売り場で2つくらいのメーカ品の取り扱いがあり、6000~8000円程度で手に入る。

DSCF1107.JPGDSCF1108.JPG

日高真弓

プログラムモード、ホワイトバランス:オート、1280x960、ISOオート

注目の手ブレ補正機能だが、日中の撮影はともかく夜間や室内撮影のときは基本的にフラッシュをたかないとひどくブレてしまう。とくにズームを使うと顕著なので、フラッシュを使いたくないときは三脚などでしっかり固定して撮影すべきだろう。

外付けフラッシュによる赤目防止だが、実際まだ使えていない。


■松下、光学補正付12倍レンズ搭載の400万画素機「DMC-FZ10」(PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1002/pana1.htm

■松下電器産業の製品情報
http://panasonic.jp/dc/fz10/

カテゴリ

なべラボのフィードを受ける Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarksに追加 Buzzurlにブックマーク FC2ブックマーク

Powered by Movable Type

Powered by AGGREGATE